ウェーブヘアにおすすめのシャンプーランキング!

波状の髪を作り上げるウェーブヘアは、オシャレ度やいつもと違う雰囲気を作り出せるので取りいれている女性も多いです。

美容室でパーマをかけてもらいウェーブにしている人も少なくありません。

しかし、シャンプーによってウェーブヘアが長持ちするかどうかが変わってくるので、今回はウェーブヘアが長持ちするシャンプーの選び方とランキングについてみていきましょう。

ウェーブヘアにおすすめのシャンプー選びの3つのポイント!

ウェーブヘアは美容室でパーマをかけてもらっている人もいれば、自宅でコテを使ってウェーブを作っている人もいます。

前者であればパーマを長持ちするためのシャンプー、後者であれば髪のダメージをやわらげてくれるシャンプーを選ぶべきです。

今回は両者の意見を合わせて3つのポイントを基にしたシャンプーを選ぶようにしましょう。

3つのポイント

  1. 洗浄力が抑えられた低刺激のシャンプー
  2. 保水力が高い成分含有のシャンプー
  3. ダメージケア成分が配合されているシャンプー

このポイントを抑えたシャンプーは意外にも少なく、市販されているシャンプーでは物足りないことがほとんどです。

キレイなウェーブヘアを保つためにはしっかりとした品質のシャンプーを選べる目を養っていきましょう。

では、先ほどの3つのポイントについて詳しく解説していきます。

1. 洗浄力が抑えられた低刺激のシャンプー

洗浄力はシャンプーのメインとなるのですが、強すぎる洗浄力はパーマの落ちを早めてしまいます。

また、洗浄力が強いと刺激も強くなってしまうので傷んだ髪や頭皮には使わないほうが良いでしょう。

ウェーブヘアを保ちつつ髪や頭皮に優しい洗浄成分としてアミノ酸系をメインにしたシャンプーがおすすめです。

アミノ酸成分一例
  • ココイル系
  • ラウロイル系
  • ベタイン系
  • メチルアラニン系
  • サルコシン系

アミノ酸は洗浄力が穏やかで刺激性も低いので、ウェーブヘアをする人にはうってつけの成分といえます。

注意

アミノ酸系シャンプーの中には洗浄力の強い高級アルコール系を混ぜているものもあるので注意が必要です。

○○硫酸やオレフィンスルホン酸といった成分が含有している場合、アミノ酸系シャンプーと記載されていても洗浄力が強くおすすめできません。

アミノ酸系であるかと同時に高級アルコール系が含有されていないかどうかも見るようにしましょう。

2. 保水力が高い成分含有のシャンプー

ウェーブヘアにするためにはパーマ剤を使う、あるいはコテによる高温で髪にダメージを与えることで作ることができます。

そのため、ウェーブヘアを続けていると頭皮や髪は乾燥してしまい、ウェーブが取れやすい、髪の傷みが早くなった、頭皮が荒れやすくなったなどの悪影響が出やすいです。

その状態でのシャンプーはより悪影響を及ぼしてしまうので、保水力が高い成分によって頭皮や髪の潤いをキープしてあげましょう。

保湿成分一例
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • 加水分解シルク
  • リピジュア
  • 植物オイル(オリーブ・ツバキ・アルガンetc)
  • 天然由来エキス(大豆・海藻etc)

頭皮や髪を保湿することができればダメージも軽減されますし、健康な髪を生やす土台作りを整えてあげることができます。

特にパーマ剤による頭皮のダメージは保湿でをすることで回復力を高めることができるので、保水力が高い成分が含有されているかどうかは必ずチェックしておいたほうが良いでしょう。

3. ダメージケア成分が配合されているシャンプー

髪にウェーブ感を出す場合はどうしても髪にダメージを与えなければなりません。

髪というのは一度傷んでしまうと元には戻らないので、ダメージケア成分によって毛髪補修をしておくのがおすすめです。

毛髪補修成分一例
  • ペリセア
  • ヘマチン
  • アミノ酸群
  • 植物オイル(アルガン・ツバキ・ヒマワリetc)

髪のダメージが特に気になるという人はペリセアと呼ばれる成分に着目してみましょう。

ペリセアはジラウロイルグルタミン酸リシンNaと呼ばれることもあり、1分前後で毛髪内部に浸透して補修、シャンプーを洗い流した後でも効果が持続する優れた成分です。

毛髪補修にこだわっているシャンプーには必ず含有されている成分なので気になる方は成分表示を見てチェックすることをおすすめします。

ウェーブヘアにおすすめのシャンプーを比較!

ウェーブヘアに合ったシャンプーを選ぶポイントを知ってもらえたところで、次におすすめの13種類のシャンプーをピックアップしているので先ほどのポイントを元に比較をしていきましょう。

この13種類のシャンプーは品質と人気のシャンプーを厳選しています。

洗浄力 保湿成分 ダメージケア成分
ハーブガーデン 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 丸
ラサーナ プレミオール 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
haru kurokamiスカルプ シャンプー 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ルメント 穏やか
(アミノ酸系)
丸 丸
クイーンズバスルーム 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 丸
アスロング オーガニックシャンプー 強め
(高級アルコール系)
丸 三角
わたしのきまり 穏やか
(アミノ酸系)
丸 丸
守り髪 少し強め
(アミノ酸系)
丸 三角
ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
(アミノ酸)
二重丸 二重丸
ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
(アミノ酸系)
三角 バツ
ボタニスト 少し弱め
(アミノ酸系)
三角 三角
TSUBAKI 強め
(高級アルコール系)
三角 バツ
ビオリス 強め
(高級アルコール系)
三角 バツ

比較をしてみるとわかると思いますが、CMやドラッグストアでよく見かける人気のシャンプーは決してウェーブヘアにおすすめできるシャンプーではありません。

一概におすすめできないというわけではありませんが、安価におさえている分こだわりの成分が少ないのです。

今回説明した3つのポイントを基に成分を見てウェーブヘアに合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

ウェーブヘアにおすすめのシャンプーランキング!

ウェーブヘアにおすすめのシャンプーは結局どれがいいのか知りたいという人が多いかと思います。

そこで、今回の本題であるウェーブヘアにおすすめのシャンプーをランキングにして紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

ハーブガーデン

ハーブガーデン
ポイント
  1. ハーブメインのアミノ酸系シャンプー
  2. 高品質の保湿成分配合
  3. ダメージケア成分のペリセア配合
  4. 300mlで約4,000円
  5. バランス重視のシャンプー
CHECK
ハーブの持つ力をメインにしたシャンプーで、保湿・ダメージケア成分をたっぷりと配合したバランスの取れているシャンプーがハーブガーデンです。

ベースとなる精製水を厳選したオーガニックハーブウォーターで作っているので、ボタニカル本来の優しいシャンプーとなっています。

ハーブガーデンの評価
洗浄性
(5.0)
保湿性
(4.5)
ダメージケア
(5.0)
安全性
(5.0)
総合評価
(5.0)

haru kurokamiスカルプ シャンプー

haru kurokamiスカルプ シャンプー

ポイント
  1. 品質重視のアミノ酸系シャンプー
  2. 33種類の保湿・アンチエイジング成分含有
  3. ダメージケア成分のペリセア・ヘマチン含有
  4. 育毛成分キャピキシル含有
  5. 40代以降の女性に向けて作られたシャンプー
CHECK
保湿・ダメージケアに加えて育毛成分も含有させた品質を重視したい方におすすめのシャンプーがharu kurokamiスカルプ シャンプーです。

40代以降の髪にハリ・コシがなくなってきた女性に向けて作られていますが、内容成分はかなり高品質なのでどなたにもおすすめできます。

haru kurokamiスカルプ シャンプーの評価
洗浄性
(4.5)
保湿性
(4.5)
ダメージケア
(5.0)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

クイーンズバスルーム

クイーンズバスルーム
ポイント
  1. 安全性の高いアミノ酸系シャンプー
  2. 保水力の高いリピジュア含有
  3. くせ毛の方におすすめ
  4. 500mlで2,300円
  5. 品質に対して安さがウリのシャンプー
CHECK
1位と2位のシャンプーに比べると成分が少し物足りませんが十分な品質で500mlで2,300円と安さを重視したい方におすすめなのがクイーンズバスルームです。

保水力の高いリピジュアをはじめとしたこだわりの美容成分を含有しています。

クイーンズバスルームの評価
洗浄性
(4.5)
保湿性
(4.5)
ダメージケア
(4.0)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

ウェーブヘアの髪型はシャンプーでの洗い方に注意!

ウェーブヘアをする際にはシャンプーをするときにも気をつけなければ髪の傷みを進行させてしまうことにつながります。

では、シャンプーでの正しい洗い方をまとめましたので自分が普段どのように洗っているかを振り返りながらみていきましょう。

シャンプーの洗い方
  1. シャンプー前にお湯で予洗いをする
  2. シャンプーを手でしっかりと泡立ててから髪につける
  3. 爪を立てずに指の腹を使ってマッサージするように洗う
  4. すすぐときは5分以上かけてじっくり落とす

髪が傷んでしまう原因となるのがシャンプーを髪につけてから泡立ててしまうことです。

髪は濡れるとキューティクルと呼ばれる保護層が開き、摩擦によるダメージに敏感になってしまいます。

その状態でシャンプーを泡立ててしまうと摩擦によるダメージが大きくなってしまうので、手でしっかりと泡立ててからシャンプーを使うようにしましょう。

シャンプー執事

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱いので予洗いとすすぎに十分に時間をかけて洗うようにしよう!!

ウェーブヘアの髪型の特徴!横にボリュームが出しやすい!

ウェーブヘアはサイドの髪の毛にかけることによって横にボリュームが出しやすい髪型といえます。

横にボリュームが出やすいと面長の人でもシルエットがキレイに見えますし、揺れ感が出るのでおしゃれ度が増すので取り入れている人も多いです。

しかし、パーマやコテを使うことになるので、髪や頭皮が傷みやすいという特徴も持っているのでよりシャンプーには気をつけなくてはいけないことも覚えておきましょう。

ウェーブヘアが似合うタイプの顔は?誰でも似合うおしゃれな髪型!

ウェーブヘアの髪型が似合うタイプの顔というのは無く、誰でも似合うおしゃれな髪型です。

ただ、毛量が多いとウェーブにもボリュームが出てしまうので、毛量が少ない人の方が似合うと言えるでしょう。

ウェーブヘアの髪型は男性からの人気はある?

ウェーブヘアの髪型は男性からの人気もありますが、あまり強すぎるウェーブは逆に良いイメージを与えないのでゆるふわウェーブで止めておくのが賢明でしょう。

ゆるふわウェーブであれば女の子らしさを強調することができるので、男性からの印象も良くなります。

ウェーブヘアは髪や頭皮にダメージを与えやすい髪型なので、ウェーブヘアに合ったシャンプーを選んでキレイな髪をキープしていきましょう。